運命とは?宿命とは? 




        宿命と運命は違うの?運命?宿命?同じじゃないの?
映画などで「宿命の対決」など聞いたことはありませんか?「運命の対決!」それもありますね。
じゃあ同じ意味なの?といいたくなりますが  運命学の世界では、これらの言葉は、深い相関関係にありながらも、まったく別のものとして考えられています。

「宿命」とは、「命が宿る」と書きます。生まれた時に、既に私たちの中に宿っていたものつまり、性格や考え方など、をさします。

「運命」とは、「命を運ぶ」、と書きます。自分たちの意思で、命を運んでゆくつまり、自分で運ぶ創る選ぶという意味があるのです。

ですから、宿命は変えられないが、運命は自分で変えられるというのです。
宿命を知っていれば、よい方向へ運命を変えることができるというのがココで言いたいことなのです。

運命は私たちの努力で、かなり変更ができるのです。例えば、人を助ける仕事をしたいと思う宿命を持った人だとします。医者になってすくうのか、レスキュー隊に入るのかは、自分で選ぶことができます。
人にやさしい占い       
  右か左か迷った時、自分の宿命がわかっていれば、選び方に差がでるのではありませんか?

水着を着て、藪の中を進めば、すり傷だらけになりますよ。
藪の中は、長袖シャツと丈夫な生地のパンツで、肌を出さない服装がいいですね。
何を着て行っていいのか、それが、占いで、わかるのです。
人にやさしい占い

             

Copyright (C) 2007 人にやさしい占い屋 All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。